【実施日:12月11日】ダイヤモンド富士撮影会の募集について

お知らせ

イベント主催者: Act. マヤトミュウ霞ヶ浦

貸切専用車による日帰りで、霞ヶ浦からのダイヤモンド富士撮影会を開催します。
撮影講師として、千葉県在住で風景からサーフィンや人物までオールマイティに撮影する写真家・田村拓也氏と、モーターマガジン社より2018年から2022年まで5年連続でダイヤモンド富士カレンダーを発売しているダイヤモンド富士撮影の第一人者である西沢千晶氏という公益社団法人日本写真家協会(JPS)所属の二名のプロ写真家が同行します。ネット上には、様々なダイヤモンド富士の情報がありますが、西沢千晶氏による正確無比なピンポイントによる絶好の撮影スポットにご案内しますので、初心者から上級者まで確実に富士山頂の真ん中に太陽が落ちる瞬間をカメラに収めることが期待できます。
ダイヤモンド富士は、完全な真逆光となるので露出過剰は必至ですが、太陽が沈むと共に露出は加速度的に落ちていくうえ、雲の加減によっても露出は刻一刻と露出が変化するため露出設定が大変難しいですが、プロ写真家が必要に応じて適切にレクチャーしますので、どのようなシチュエーションでも的確な設定で撮影して頂くことができます。霞ヶ浦から富士山までは、200キロ近く離れているため、富士山をある程度の大きさに捉えた場合、富士山に対して相対的に太陽が大きく映ります。
空気が澄んで撮影条件に恵まれた季節に、特大の太陽が富士山の山頂に重なる霞ヶ浦からのダイヤモンド富士撮影をお楽しみ下さい。集合場所は、品川駅港南口と海浜幕張駅の二箇所を予定しています。ご都合のよい方をお選び下さい。※こちらのページは12月11日(土)の撮影会となります。同様の内容で、12月22日(水)にも開催します。
期間中リピーター割を実施しますので、是非、様々な場所からのダイヤモンド富士の撮り比べにも挑戦して下さい。


[行程]

10:00 品川駅港南口出発
11:00 海浜幕張駅
12:00 高速道路のSAで昼食 (道路状況によってはお弁当購入→現地で昼食となる可能性があります)
13:00 霞ヶ浦到着
15:30 沈むダイヤモンド富士撮影
16:00 現地出発
18:00 海浜幕張駅
19:00 品川駅港南口到着※行程はおおよそのもので、道路状況等により変更となる場合があります。


[必要な持ち物]
一眼レフ・ミラーレス一眼等
三脚、ケーブルレリーズまたはリモコン(無くても可)
防寒着
※アウトドア用の折り畳みの椅子があると便利です。
[参加費]
一般料金:14,800円(税込み) 

お申し込みは、「お問い合わせ」からご連絡ください。
折り返し、さらに詳細のご案内とお振込み先のご連絡をさせて頂きます。

コメント